微生物が生きた2年熟成塩〜あとれとわの塩〜80g
5ff9107db00aa342e72d3f21 5ff9107db00aa342e72d3f21 5ff9107db00aa342e72d3f21 5ff9107db00aa342e72d3f21 5ff9107db00aa342e72d3f21 5ff9107db00aa342e72d3f21

微生物が生きた2年熟成塩〜あとれとわの塩〜80g

¥600 税込

送料についてはこちら

〜微生物が生きた塩〜 それこそが、あとれとわの塩 自然の恵み&人の手のみで製塩 ・ろ過はしない! ・人工熱は一切無し! ・熟成させてにがり成分を調整! ・洗浄しない! ・体に優しいミネラルバランス! フィリピン共和国の塩田で全て自然の力と人力のみで生産しています。 そして、雪と湿度もある霧の多い北海道の豊浦町で長期間熟成させて、 日本の環境に馴染ませ、塩の良さを最大限に引き出しています。   何がいいの? ①完全天日海塩 一切の加熱処理を行わず、太陽と風と時間、そして人力のみで製塩されています。 日本で一般的に見られる天日塩は、ろ過されて微生物が除去されていたり、最終段階で人工的な熱処理が加えられて海水ミネラル成分の変質、本来は生き物である塩が死んだ塩になってしまいます。 あとれとわの生海塩は自然の恵みと時間と人の手のみで製塩しているため、 生きた塩なのです。 ②海のままのミネラル成分 生きた塩は、ほぼ海そのままの成分を保っています。海のミネラル成分が塩の結晶となっているのです。 具体的には ・塩化ナトリウム    81g (ナトリウム31.3g) ・マグネシウム   720mg ・カルシウム    450mg ・カリウム     260mg 一般的な塩は塩化ナトリウムが99%以上となっており、ミネラルが除去されています。人工的に製塩された塩はほぼナトリウムで構成されていてそれが、腎臓やその他内臓に悪影響を与えていると言われています。   どうやって使えばいいの? ≪料理編≫ ・通常の塩として。 ・生野菜にドレッシング代わりであとれとわの塩でオーガニックサラダ。 ・味噌や梅干しなどの発酵食品作りに。 (ナトリウムが2割少ないので、通常のレシピの2割増しで使用) ≪その他≫ ・化粧水(100mℓに1gの塩) ・お風呂に入れる。 ・水に溶かし飲む。 ・目薬にする。 ・調子が悪いときに舐める。 *ミネラルが豊富なため、栄養補給に最適。自然そのままの素材だから、体が欲しいと感じたら欲しいだけ食し、要らないと感じたら量を減らす、もしくは止める、というように体の声・感覚を重視するのをお勧めします。   使用した人の声は? お塩を舐めたとき、今まで感じたことのないまろやかな味にこれは本物だ!と思いまいた。今では料理以外にもお風呂に入れたり、たまに歯を磨いたりと使っています。 おにぎりに使うと美味しいが、時間が経つと、もっと馴染んで、より美味しさが分かる! お塩を薄めて点眼していたら、白内障が改善した! 水にひとつまみ入れて飲んでいたら、頻尿が止まり、夜も熟睡出来るようになった お風呂に入れてみたらそのパワーにビックリしました。もう、お風呂上りはポカポカでした。エネルギーが凄いと実感できます。 アロマ、ストレッチ、食事、気分転換にドライブ、ダラダラ横になったり、お風呂で温まったり、水をカブカブ飲んだり・・・・何をしても頭痛が治らなかったのにお塩を二つまみ口にして寝たら治った。 肥沃の大地から川をつたい海にそそがれ、大地と海のミネラル成分が豊富な生態系が守られている地域で生産しています。生産地の乾期(12月~5月)は、ほとんど雨が降りません。あとれとわの生海塩は、この時期に人工的な火力で加熱せずに自然の恵みである太陽と風のみで作られています。 潮の干満を利用して、先ず第1の池に海水を引き込みます。灼熱の太陽熱により、水分が蒸発し、塩分濃度を高くしていきます。 さらに塩分濃度を高くするために、 第2の池 → 第3の池 → 第4の池 → 塩田 へと移していきます。 この塩田で収穫です。(全工程 2週間) 本品はパンガシナンシーソルトの中でも最もグレードの高いファイングレードです。 出来たての塩は、にがり成分が多すぎて苦みが強く、美味しくなく料理には使えません。そこで北海道豊浦町にある抗酸化蔵(塩の倉庫)に運ばれさらに寝かせます(熟成)。そして日本の風土環境に馴染ませます。 高級な塩ほど熟成期間は長くなり、4年以上寝かせる場合もあります。 ※塩化ナトリウムが81%となる為、梅干や味噌づくりなど塩分濃度が重要になる場合にはレシピのおおよそ2割増しで計算し、ご使用ください。ミネラル成分が重要なので、その分塩分濃度が少なくなります。