足助仕込三河しろたまり 300ml
original

足助仕込三河しろたまり 300ml

¥604 税込

送料についてはこちら

〜ご自身の目で舌で、この高い香りと黄金色の輝きを吟味ください〜 愛知県産小麦と、伊豆大島の伝統海塩「海の精」が原料。 愛知県豊田市大多賀町の「足助仕込蔵」の木の樽で天然醸造。 全ての素材が非遺伝子組み換えです。 化学調味料・保存料は一切使わず、製造過程で火にかけることのない、生のお醤油です。 おでん、茶碗蒸し、お吸い物などの家庭料理やおもてなしの料理に最適。 ※現行法では大豆を使用していないためにしょうゆではなく小麦醸造調味料 と表示しておりますが、古来の麦醤を復興しています。 私たち日東醸造は、創業以来ずっと愛知県碧南市で白醤油を作り続けてきました。 そんな中、究極の白醤油を作ってみたいという先代会長の思いから、平成5年、国産小麦で作った小麦麹を通常の2倍量使用して、食塩と活水器を通した水を加えて仕込む「三河しろたまり」を発売しました。 ※「しろたまり」は通常の白醤油の2倍の小麦麹(当社比)を仕込に使い、濃厚に仕上げたしろしょうゆなので、しろしょうゆの「たまり」という意味で名づけた当社の商品名です。 「しろたまり」は大豆を使用していないため法律上、名称を「しょうゆ」とは表記できず、小麦醸造調味料と表記しておりますが、大豆を使用しないことと小麦麹を2倍使用する(当社比)こと以外、製造方法は白醤油と全く同じです。 「しろたまり」をさらにグレードアップしたい。 醸造において最も重要なのは水です。もっといい水、ミネラル豊かな天然水で「しろたまり」をつくりたいと考えた、弊社社長はおいしい水を探しまわり、愛知県の奥三河、足助町の山あいの集落、大多賀でおいしい湧水と出会いました。 当初はこの水を碧南まで運んで「しろたまり」を作る予定でした。しかし写真でご覧いただくように、大多賀の自然環境があまりに素晴らしく、そのうえ標高720mという夏場でも涼しい涼冷な気候は「しろたまり」の色をより淡く仕込むのに最適であったので、この地で「しろたまり」を作ったらもっと良いものができるのではと考え始めました。 折しも足助町は閉校となった「足助町立大多賀小学校」の校舎の利用法を考えており、小学校に残っていた井戸からは湧水と同じおいしい水がこんこんと湧き出ていました。 平成11年に小学校の校舎を外観はそのまま内部を改装し、古式白醤油製法再現のため本社工場で使用しているFRP製の桶ではなく、昔ながらの木桶を設置し、「日東醸造足助仕込蔵」を開設しました。 大多賀は平成17年に平成の大合併により、西加茂郡足助町大多賀から豊田市大多賀町に変わりましたが、開設当時足助町であったこと、足助町立大多賀小学校の校舎を利用させていただいていることから「日東醸造足助仕込蔵」の名称を引き続き使用しています。 原材料名 小麦、食塩、焼酎 内容量 300ml